ありんこパパのブログ

30代子持ちサラリーマンが仕事や家庭内で気付いた事を記していくブログ

HITACHIの白い約束NW-KB707脱水が止まる!エラーコード c2とその対策

f:id:yuyubiz:20170129183802j:imagef:id:yuyubiz:20170128181512j:image

こんにちは、ありんこパパです。

 

家事の中で、結構な負担なのが、毎日の洗濯。洗濯自体は洗濯機が相棒なので、その役割は重要。

 

ただ、いつの日か脱水中にで止まることが多くなってきた。

 

その時のエラーコードがc2。

三回に一度くらいこの原因不明のエラーで止まる。

我が家の洗濯場は二階にあるので、いちいち確認が面倒。

 

それでもたまに動くので、だましだまし使っていたが、さすがに効率は悪く、洗濯物はたまる一方。嫁のイライラはマックスへ。

 

ちょっと重い腰を上げて、調査開始。

説明書がないので、このエラーコードの原因をググってみる。

「日立 白い約束 エラーコード c2」

 

案外あっさりと見つかる。

検索結果によると、排水エラーのようだ。

 

なるほど、うちの洗濯機の排水ホースは、備え付けの洗濯パンとの隙間がわずかで無理やりホースを洗濯機下に入れて排水口へと取り回していた。

 f:id:yuyubiz:20170129181634j:image

多分、これが原因。見事に折れ曲がっている。

 

何回か位置を変えたり、ホースを引っ張り出したりと検討したが、状況は改善せず。

 

洗濯機のホースは向かって左から出ている。一方つなぎこむ排水口は洗濯機の真下の右側。

どんなにうまくホースを取り回しても、洗濯機置きと洗濯機下の間隙が狭いので、一度はホースが潰れる箇所が出てくる。

 

これをなんとかせねばならない。

洗濯機パンと洗濯機の隙間を作ろう。

それには、洗濯機をかさ上げする必要がある。

 

「洗濯機 かさ上げ」

と調べてみた。

 

楽天やアマゾンに洗濯機下の間隔が広がりそうなアイテムがいくつかある。

口コミが多そうなものを発見。

 

早速買ってみる。

2日後、佐川急便で商品が到着。

かなり軽かった。

f:id:yuyubiz:20170128181335j:image

中を開けると、プラスチック製のかさ上げが4個。

f:id:yuyubiz:20170128181501j:image

高さはコーヒー缶の半分くらい。このくらい高くできれば、元々の隙間もあるので、排水ホースは余裕で入りそう。

 

f:id:yuyubiz:20170128181527j:image

裏は、一応滑り止めが付いている。

f:id:yuyubiz:20170129182153j:image

 

最初、この洗濯機のかさ上げ台は、角の部分をあわせてみた。端の部分でやや隙間がででくる。

f:id:yuyubiz:20170129181914j:image

 一方、切り掛け部分を洗濯機パンの角に合わせてみると、見事にジャストフィットした。

f:id:yuyubiz:20170129181858j:image

それを四角に並べてみる。

f:id:yuyubiz:20170129182131j:image

 

さて、次は洗濯機を載せる作業。

たださえ重い洗濯機。さらに排水ホースもつけた状態(設置してからではつけられない為)なので、取り回しも一苦労する。

 

f:id:yuyubiz:20170129182350j:image

いやー、重い。

右側は壁ですでにいっぱい。左側は洗面台があり、多少の隙間。

何かで吊って上からどんと降ろせれば良いが、

そんな力も隙間もない。

ならばと力技でやるが、かさ上げ台が軽い為、何度も滑り出す。

洗濯機の足を奥に載せても、ふとした瞬間に逆サイドが滑り出す。それがまた、洗濯機の真下に落ちて取るためにまた、洗濯機を動かして降り出し。

 

イライラしながらも、10分ぐらい格闘しただろうか。ようやくかさ上げ台に洗濯機を載せることができた。

コツは、初めに奥の二つをセットして、その手前まで洗濯機パンの上を洗濯機を歩かせる。かさ上げ台の手前まできたら、大きく洗濯機を手前に引き、後ろ足を上げた状態にして一気に押し込む。ようやく後ろのかさ上げ台に足がのる。そして、今度は逆に洗濯機の頭の部分を押して水平にする。

f:id:yuyubiz:20170129183458j:image

⬆︎奥の足が載った状態

そうすると、洗濯機の前足に隙間がでるので、残りの手前のかさ上げ台をねじ込む。これで、ようやく四足ともかさ上げ台にのりました。

f:id:yuyubiz:20170129183511j:image

どうですか、このモップも入るほどの隙間。洗濯機パンてかなり汚れているもの。旧邸から引越しの時、洗濯機を運ぼうとした時、数年分の汚れがびっしり。自分もだけど、引越しのお兄さんもちょっと引いてた。

これで、多少なりとも掃除ができます。

 

そして、問題の排水ホース。

f:id:yuyubiz:20170129183802j:image

余裕で洗濯機下に入り込んでいます。

f:id:yuyubiz:20170129183838j:image

洗濯機下のホースも特に無理なく接続されました。

f:id:yuyubiz:20170129183930j:image

気泡が中心円内にあり、

水平もしっかりと取れてました。

特に調整もいりません。

 

 

その後、ドキドキの試運転。

洗濯機は何のエラーもなく、脱水を完了。

ようやく、この脱水エラーのトラブルから解放です。

 

この作業は、嫁には内緒で息子とお留守番中にやってみた。帰ってきてからも特に言わなかった。

そして、またブツブツと洗濯を始めて、そして戻ってきた時の一言。

 

「なんか洗濯機高くない?」

 

白い約束のエラーはなくなり、商品名通り洗濯物を白くしていった。

 

うーん、この作業に気づくのはいつの日か。

 

洗濯機の脱水エラーに悩んでいる方。

一度排水口の点検をしてみてください。

もし、洗濯機のホースの、取り回しに無理があるならば、このかさ上げ台は有効です。

 

ぜひお試し下さい。

 

 

 

 

 

 

お台場にあるレゴランド東京に行ってきたけど、ちょっと微妙だった件

こんばんは、ありんこパパです。

すっかり冷えるこの頃。

 

息子の誕生日のお祝いも兼ね、

本人も行きたがっていたレゴランドに行ってきました。

どこにあるのという感じでしたが、お台場のデックスにあるようで。

 

お台場といえば、昔はよく車で行っていましたが、残念ながら我が家は、現在車は所有していなく。カーシェア派。

 

今回も近くのタイムスでソリオを借りて出発。。ですが、

朝は冷え込み過ぎて、フロントガラスぎ凍っておりました。

f:id:yuyubiz:20170108011941j:image

 

貸出前の整備状況がレンタカーで借りる時と違うところでしょうか。

 

三連休なのに、結構道は空いていてお台場に到着。

 

ちょっと早いので、隣のアクアシティで朝ごはんこみでパンケーキを食べます。

クアアイナアクアシティお台場店。

いつもは並んでいるようなお店との事だけど。まだ、朝も早く人はまばら。

真冬だけど、店内は強引なハワイアンの雰囲気にちょっぴり和みます。

パンケーキにこれでもかというクリームの山、それにラテが合うこと。

 

腹ごしらえが済んで、隣のデックス内レゴランドへ。アクアシティとは渡廊下のようなものでつながっているのか便利。

 

f:id:yuyubiz:20170108013943j:image

 

11時からの前売りチケットとのことだけど、ちょっと早めに入れてもらった。

 

中の人はまばら。

エントランスで記念撮影をして、直通運転のエレベーターで7階へあがる。

 

最初にレゴファクトリーごお出迎え。

レゴのピースができる様子が4工程で紹介されている。

 

そのレゴファクトリーを抜けると、アトラクションのキンダムクエストがあった。乗り物についている銃で、レゴキャラを狙い得点を競う。ディズニーランドのバズライトイヤーのようなアトラクションだ。

朝早いので誰もいなくガラガラ。

 

家族で一台乗れるから一体感が出てオススメだ。

f:id:yuyubiz:20170108175841j:image

 

終わると定番の写真販売があるが、スルーして先へ。

 

すると、レゴで作ったジオラマ、東京の街ミニランドに出迎えられる。

多分、大人的にはここが一番のレゴランドらしくて魅力的でした。

こんなの家で作れたら、自慢ですね。

f:id:yuyubiz:20170108180338j:image

⬆︎レインボーブリッジ

f:id:yuyubiz:20170108180500j:image

⬆︎渋谷の街

f:id:yuyubiz:20170108180536j:image

⬆︎両国館

f:id:yuyubiz:20170108180604j:image

⬆︎東京ドーム

 

次は、レゴの教室を予約すると、子供用のアスレチック。レゴファイヤアカデミー。

多くの子供達が走り回ってました。

f:id:yuyubiz:20170108233052j:image

ここで、子供達を遊ばせて、その後ろにあるカフェテリアエリアでちょっと大人は休憩。

そういえば、レゴランドは食べ物の持ち込みが禁止のようで、全て中で買うとのことです。

 

売店もありますが、普通のおにぎり200円とかサンドイッチ350円とかコンビニ以上に割高。持ち込み禁止の割にメニューあまり魅力がなかったのが、正直な感想です。

 

f:id:yuyubiz:20170108231015j:image

続いて、マーリンアプレンティスという、豊島園や西武園などの遊園地にあるオクトパスのような回転型の乗り物。箱には自転車のペダルがついていて、漕ぐと浮き上がる仕組み。

数少ないアトラクションでしたが、そこまで混んでいなく、二回ほど待てば乗れます。

 

後は、レゴの4Dシネマ。

レゴの映画をモチーフにした短編ストーリー。3Dながらではの演出と実際に観客席に向けて、風が吹いたり水しぶきが飛んだりで、中々面白かったです。海外からきたファミリーもいて、きっと日本語の吹き替えなんてわからないのに、なぜか大うけしてました。

 

そして、レゴマスターによるレゴ教室に参加。予約制で毎回人気でした。今回は、レゴシリーズの中のキツネキットを使って、クマノミを作る教室。レゴマスターの人はレゴで作品を作るのが仕事。レゴランドにある猿やドラゴンなどのキャラクターは、レゴマスターによる作品らしいです。相当レゴ好きなんだろうなー。けど、好きなことで飯が食っていけるって素晴らしいです。

クマノミをつくると最後に作りかたのシートと修了書を頂きました。f:id:yuyubiz:20170108232516j:image

 

f:id:yuyubiz:20170108232536j:image

⬆︎兄弟で作ったクマノミ。キツネからクマノミになったので驚き。レゴはこんな感じで裏メニューが多そうだ。

ちなみに裏メニューとしては、レゴランド外のショップで修了書を見せると、500円で買うことができます。

 

後はいたるところにレゴが体験できるコーナーがあり、皆おもいおもいに作品を作って遊んでました。

f:id:yuyubiz:20170108232824j:image

⬆︎車のタイヤのパーツ。子供達の多くは遊んだ後レゴを放置するぎ、係りの人によって定期的に片付けられ、パーツ毎に整理されていた。

 

f:id:yuyubiz:20170108232955j:image

f:id:yuyubiz:20170108233119j:image

 ⬆︎一つ下の階にあるレゴシティトレインワールド。ここが最終で、この先のバーを出ると再入場はできない。

 

 

レゴランドまとめ

ネガティヴな意見から。

正直、大人目線だとちょっと期待ハズレなところがありました。費用かけてるだけに。4人家族だと大人子供関係なく合計8000円。見所もされなりになので、滞在時間約3時間。それに飲食持込できないので、自然とお腹も減ります。かといって売店も微妙。なので、子供もぐずってきたら、もう出ようかとなります。だから、年間パスポートが結構PRされていたのかもしれません。

ただ、本当にレゴ好きな子供達には、魅力的なレゴランドです。レゴも好きなだけパーツがあり、広い作業スペースもあり、いつもより想像力を働かせらことができるかもしれません。

 

また行くかと言われれば、うーん、今度はこの春にオープン予定の名古屋のレゴランドに期待です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パーソナルトレーニングを検討、ソネトレはどう?

こんばんは。ありんこパパです。

世の中、仕事始め。

同じく仕事始めですが、

電車は空いていました。

 

さて、新年の目標を達成しようと書く目標の手段を探しています。

 

その中の一つに今年は健康的に痩せるという目標があります。

 

いつも毎年かかげるのですが、うまくやせられるず。理由は続けられないから。

忙しいは言い訳だけど、ジムに行くまでのハードルが高い。

ある休日を例にすると、やら買い物だー、子供と公園だー、など自分投資する時間は限られる。

そして、そこからさらにものぐさな性格がはいるともう続けられない。

 

ライザップのような自分を監督してくれるパートナーがいればなと思うが。

ライザップも金銭的にまた、時間的にもハードルが高い。

ほんと言い訳だらけだ。

 

そんな漠然とネットを探していたら、オンラインでパーソナルトレーニングをうけるサービスがあるみたい。

ソネトレ。

 

思いっきり、ソニーではと思ったがその通りで、主催はソネット

 

なんだかなぁと見て見ると、中身はまともそう。

そう、コンテンツはバディクエストという元々オンラインのトレーニングを主体としてやってきた中のプログラムの一部。

本家は月1万ほどするが、ソネトレは2500円程度。

パっと比較した感じでは、質問メールのやり取りで価格が違うようだ。それでも、ソネトレでも月一回の報告やアドバイスは受けることができる。

 

これは結構面白いかも。

 

ジムよりも安く、かつパーソナルトレーニングができて、自宅でできる。

それで、痩せることができるのなら、お試しでも悪くないかもしれない。

 

やるなら今だと思う。

 

ので、ソネトレ始めてみます。

お年玉っていくらあげる?もらった?お年賀は?

こんばんは、ありんこパパです。

 

2017年も2日目。何とか連続投稿中。2日目ですが。

でも、きっと今年はうまくいけると思っています。

嘘も誠。

最近、娘がことわざにはまっています。

 

さて、正月といえば恒例の親戚巡り。

と言っても、もはや実家のみの挨拶にしています。

昔は、ほんと関東近辺の親戚中を回ったのを覚えています。

子供時代は、いとこも多く親戚周りが楽しかったけ。

泊まったり、日帰りだったり。今考えると、中々気力がいるもので、

当時の父は頑張っていたなと振り返ります。

 

さて、お年玉。

ここは額を包むのに悩む。

と言っても、未就学児。

1000円にした。

 

早いうちに、子供たちにお年玉の貯め方、運用方法。

 

とりあえず、

 

 

 

 

 

2017年の年賀状が届いた。30代は家族写真、40代は子供のみ

お題「年賀状」

 

あけましておめでとうございます。

ありんこパパです。酉が再びやってきました。

飛躍する年、そのために愚直に続けられる年にしていきたいと思います。

 

年賀状はメールでした。

元旦の楽しみの一つに年賀状があります。結構するまでは、結構メール派でした。当時は、LINEのようなSNSはなく、ひたすら携帯メールで挨拶文を作っていたのを覚えています。だから、元旦は結構忙しかったのを思い出します。

 

年賀状を出すようになったきっかけ

結婚してからは、年賀状が主流になりました。子供の頃は送っていたけど、携帯を持ちはじめてから疎遠になった。そして、年賀状を再びやりはじめたほとんどの人が結婚式からというのが多いと思います。電話番号、LINE等の宛先は知っているけど、相手の住所を知っているのは、結構稀な事で、住所って意外とハードルが高い。個人の名刺等を持っていれば別ですが、普通は会社の住所が記載されています。住所をしるには、結婚式の招待状を送る時が、知れるいいきっかけになるような気がします。そして、新たに送りたい人がいればあらかじめ住所を聞いておくのも手ですが、なんとなくひっそりと送りたいような気がするのは年賀状。元旦当日に賀状が届くのは、サプライズもこみで、やはり嬉しいですね。

 

話は戻り、今年は年賀状を30枚ほど書きました。内訳としては、親戚、会社上司、同僚、他という感じでしょうか。ほとんどが会社ですね。今年は、七五三もあったので、家族写真はあらかじめとっていました。子供たちだけの写真のみにしようかと思いましたが、ある親戚のおばちゃんの一言で最近は家族写真を載せています。

 

年賀状に載せる写真は子供のみ?家族写真?

ある年、子供の写真のみがのった年賀状だけを送りました。年に一度あうかどうかの親戚の方から、次のように言われました。

「年賀状だけでも、お父さんお母さんの顔を見せてちょうだい。子供の写真はかわいいけど、正直あってないからわからない。がんばっているあなた達の顔をみたいのよ。」

なるほど、年賀状の写真は生存確認?のような効果もあるんですね。そして、今年もこりずに家族写真を載せました。

 

そこで、1日に届いた年賀状を見てみると、同世代のほとんどが、子供+家族写真をのせていました。先輩家族は、子供だけになりました。

このラインを考察してみると、30代と40代で別れました。

つまり、30代夫婦は家族写真、40代夫婦は子供が同じぐらい小さくても、子供のみの写真となりました。

 

自分の写真を載せるのが恥ずかしい、そもそも家族写真を取る機会がない、等色んな事情がありますが、年賀状は写真が勝負でないと思います。

そう、新たな課題としてやっぱり、そこの+αに書かれているその一言。

 

年賀状のコメントはやはりほしい

年賀状はもらって嬉しいけど、やはり写真とプリント文だけだと寂しいもの。今年も何通かありました。

どんなに疎遠になろうと送るからには、コメントを書き続けたいと思います。

 

今年役に立った宛名アプリ。

ブラザーの年賀状作成アプリ。宛名だけでも印刷可能で、スマホの住所録を参考に印刷できました。プレビューもしっかりしていて、チェクさえ入れれば、同時に何枚も印刷可能、フォントも選べて、また、連名の印字も自然な配列で可能で、動作も軽い。他に6つほど落としましたが断トツの使い勝手のアプリでした。パソコンが古すぎて時間がかかるので、このアプリには大変助けられました。

 

年賀状のひとつの終わり

そして、年賀状のひとつの終わりの年賀状を頂きました。

祖母からもらった年賀状に、

「高齢の為、年賀の挨拶は難しくなり、本年にて失礼させて頂きます。」との賀状を頂きました。

社会人になってから、はじめた年賀状でしたが、祖母とはその時から始めてました。一つの終わりの文章を眺め、元気でいてくれる姿を思い浮かべ、来年はどうするものか、来年の課題となりました。

 

年賀状がもたらすきっかけ

元旦当日、懐かしい電話。遠い親戚からもらった。

昨年、引っ越しもありその報告と家族写真も載せた。

その年賀状をもらった親戚から

「頑張ってるね、会いたいねー。」

と嬉しい一言。

小さい頃から親代わりなほど、大変お世話になった。

一気に心が温かくなった瞬間でした。

 

年賀状は、やっぱり人を感じられる贈り物。全てが手作りとはいかないけど、テンプレート化したものの中に、その人らしさもをいれて届けていきたい。

 

以上

 

 

 

 

 

2017年 やってみたい事を書く

今週のお題「2017年にやりたいこと」

 

こんにちは。ありんこパパです。

今日は昨日できなかった大掃除をやってみました。

といっても、掃除機かけて家中を水拭きです。

いつもと変わらないけど、

それだけでも、気持ちがスッキリするもの。

でも、掃除はまだやりたい。

 

という事で、2017年にやりたい事を列挙してみようと思います。

 

1 庭の手入れ

引っ越して数ヶ月。小さな庭はあるものの、土のままの野ざらし。

雑草も生えてきた。東側の景色を生かしてちょっとした庭景色を作りたい。

 

2 家の掃除

今年度やり残した事の一つ。まだカビとは無縁だけど、早いうちに水回り中心に

清掃とコーティング等をしたい。

 

3 バイクの免許の取得

今年度、ライフワークを見直すセミナーを受講した。

一番人生の脂ののっている時期、仕事中心となっているこの頃。

ここで、生涯の自分を考えた時、仕事以外に別の自分を持っているのは良いことと気づく。

また、別で書いてみようと思うけど、とりあえず学生来から乗りたかったバイクの免許を取ろう。

 

4 パソコンの購入

今のパソコンが古すぎて、中々起動しない。

結局今もiPhoneで書いている。

今年こそは新しいパソコンを書いたい。

今までWindowsだったけど、iPhoneを使い始めてから、アップルの魅力に気づく。

MacBookを使ってみたい。

 

5 家族旅行

ベタだけど、お金かかっても休みとりにくても家族旅行は行きたい。

今しかない瞬間を思い出として残したい。

 

6 英語学習の向上

これはずっとやってきてるけど、今年はTOEICを800点は狙いたい。

準1級も取る事で弾みをつけたい。

 

7 ブログの継続

まずはこのライフブログを継続する。

継続する事を習慣としたい。

ネットでの活動に弾みをつける一年にしたい。

 

8 健康面で痩せる、強くなる。

健康面では、とにかく痩せたい。

そして、バテない体を強くしたい。

これには、ライザップのようなコーチが必要だけど、

似たようなオンラインシステムもある。 

 

9 子供のコーチになる。

逆上がり、九九、将棋、自転車の一人乗り、ストライダ

子供が学びたい事を一緒にやろう。

子供との時間を多く取る。

 

10 親孝行

親も年老いてきた。陰ながら応援してもらった。

ご飯を食べに行こう。

 

11 お墓参り

仕事、家庭で帰らなかった。今年は一度帰ろう。

 

多分もう少し出てくるけど、少しずつ整理して追加していこう。

 

もうすぐで今年も終わる。

購読頂き、ありがとうございました。

 

以上

 

 

 

 

 

 

長友佑都と平愛梨 行列出演をみて本当に和んだ件

メリークリスマス ありんこパパです。

 

今日はクリスマスの夜、ちょっと朗らかな気持ちになったニュースをかいてみます。

 

クリスマスイブの大ニュースの1つ、

長友佑都さんとと平愛梨さんの結婚会見。

その翌日の今日。

行列の生放送に2人が出ていた。

 

個人のそれぞれの活躍は、テレビで知る限りの範囲は知っていた。ともにその業界で、エース。その2人の並んだ生の姿はなんら普通のカップルと変わらない普通のカップル。質問に回答するたびに、互いにハニカ味方ある姿は、なんだかあまりにも普通すぎて心を打たれた。

 

普段はそんなのろけの番組は、みないことが多いが、普段から知っているような近いオーラが、なんとなく惹きつけられた。

 

今後はミラノでともにアモーレと住む。同世代として、本当に変わらず幸せに過ごしてほしい。

 

お幸せに!